--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/10 (Wed) トラスティベル~生放送メモ8 ch.85-92

violaoroadgaod.jpg

光る鍵盤の塔シロフォン→砂の巨塔ダブルリード

 視聴者に指摘されるまでシロフォンではなくシフォロンと思ってました(笑) ここでは鍵盤の光る順序を覚えて演奏するミニゲームがあります。自分の場合ビジュアルで覚えるのではなく、記号(b g f g ♪)で覚えようとしたため、半音下げるか否かの判別が付かずに苦戦。最後の問題も結局ヒントが出るまでミスるという有様で、素直にメモを取るべきだったと反省(笑) 最上階に構えるボスのオーガーキングとウィックドシュラブ(どちらも過去ボスの色違い)は1発撃破・・・のはずでしたが、片方を倒しても「蘇生→回復」のコンボが入り、悪循環に陥って回復が尽き詰み。2戦目でビオラさんの弓に頼って勝利するも、帰り道(このゲームでは珍しくダンジョンを徒歩で引き返す)の雑魚に不意を突かれて全滅とか。

 エレジーに戻り、近辺で雑魚写真を撮影し、売ったお金で回復アイテムと装備を調達。「夢幻砂丘」を抜けてラストダンジョン「砂の巨頭ダブルリード」へ突入。東塔西塔各々の7階に鎮座する4体のボスを倒すとワルツへ挑むことが出来るようになります。ここでもビオラさんの遠距離弓が火を噴いて(クリティカルで99999ダメージ)、特に苦戦することなくクリア(アンレストだけは付随するザコ敵の処理ができずに初戦敗北)。ボス戦より通路のタマネギ(バックを取られるとほぼゲームオーバー)のが全滅回数が多いという結果に(笑) 

 というわけで、次回の放送でラスボス撃破→エンディングまでやります。
 本日(10日)夜21時~予定。

ニコニコ生放送 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/07 (Sun) トラスティベル~生放送メモ7 ch.78-84

waltzzzz.jpg


ロック山~月の街エレジー(第6章~第7章) あらすじはwiki

 ロック山の山頂でクレシェンドとセレナーデを発見。そこへワルツが登場しバトル(ワルツ+カラミティウィルム)。10回近く負けましたが収穫はありました。以前からガードを成功したと思ったのに出来ていないということ(※)があり、思い当たる節があって視聴者さんに尋ねたところ「ガードボタンは連打しちゃダメ」とのこと。なんという! これまで必殺技の予備動作を見切ると、もらったとばかりにボタンを連打してました(笑) 最初のタイミングさえ合えば大丈夫とばかり。それさえ分かればこっちのもんで(精神的なプラス作用も働いて)アドバイス後からガード成功率が上昇しワルツを退けることに成功。側近のレガートが鉱封薬を飲んで怪物になり逃亡。彼を追ってエレジーへ。

※ガードパターンは基本的に通常技と必殺技の2種類があって、通常技は相手のターン開始と同時にガードを押す必要があります。必殺技はカットインや予備動作を挟むので1テンポおいてガードボタン。必殺技は予備動作で釣られなければほぼガードすることが出来る・・・はずなんですが、その場合でもガードミスが発生することがあり不思議に思ってました。(ってか内心無線コントローラーのせいにしてたw)

 翌日、放送できる時間が少なかったのでエレジー(鉱封薬で死んだ人間の魂が暮らす街)の住人の話を聞くだけ聞いて、先へは進まずワープポイントでウッドブロックの森へ戻りサブイベ「海賊のお宝」へ。ドルチェ姐さんとの4回目のバトル。流石に4回目となると敵の攻撃パターンを体で覚えている(前3回で散々死にまくったし)のと、何よりガードが安定したのとで初戦撃破。取得経験値が20%増えるというアクセをもらいましたが、ギリギリの戦いをしたいのでこれは封印することにしました。

 画像はワルツ。これは、男でも惚れる・・・いや、そういうケは無いですよ(笑)

ニコニコ生放送 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/03 (Wed) マンネリズム

gfsgsgg.jpg

 前回の放送はチヂミの粉でお好み焼き。今回はお好み焼きの粉でもんじゃ焼き。ソースもいつものウスターではなく鶴橋風月のお好みソース。粉に味がついているからソースは控えめにすべきだった。キャベツを炒めている間に、あらかじめ茹でておいた菜の花をおひたしに。ゴマと鰹節と創味のつゆをかけて。おひたしは楽で良いよね。簡単で美味いから野菜は生食か茹でるくらいしかしてないな。人様に出す訳じゃないからいいよね・・・と自己弁護したいところだけど、せっかく見てくれる人がいるんだからもっと色々やってみないとダメだ。勉強しよう。そして最近はダラダラせずになるべく1枠で終わるようにしてるんだけど、これだと枠内に食べ終えるのは難しい。というわけで、この場を借りてごちそうさま。次回はもんじゃ焼き粉を使ってたこ(ry ちゃんちゃん。

ニコニコ生放送 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/02 (Tue) トラスティベル~生放送メモ6 ch.71-77

polkafate2.jpg

ストーリーのあらすじはWikiを参照。今回は第6章の序盤。

 1日目。前回のラストでポルカが倒れた。その原因がトラスティ(≒心の輝き)の過剰分泌にあるということで、アゴゴ(森に生息する円形の生物)に吸い取ってもらおうということになった。一行は転送装置を使ってアゴゴの森へ。そこで母なるアゴゴをいじめているフーガに遭遇しボスバトル(3回目)。サルサにへんてこ眼鏡と云われ、怒ったフーガが「手加減はしない」と云っていた記憶はあるけれども、前回のように苦戦することもなく倒せたため戦闘内容は忘れた。その後、バロック城に戻りポルカのトラスティを吸い取って回復。以上はPS3版の追加イベントで、ポルカのトラスティが人並み外れていることを強調している。

 続いてバロックの王子クレシェンドとセレナーデがいなくなったという話。フォルテへ戦争を起こさないように掛け合いに行ったらしい。追いかけたいところだが、2周目の特典でバロックのワープ装置を利用しこれまで訪れたことのある場所へ移動できるようになったため、何カ所か回りイベント&アイテムの回収をして終了。

 2日目。クレシェンドらを追ってトゥコーダ地下遺跡へ。ワープ装置を使い島を転々と。ボス戦もなくスムーズに通り抜け「チェロの木」へ。ここはストーリーの根幹(ポルカの運命)に関わる重要なイベントなんだけど360版では説明が少なく分かりづらかった(含みというか余韻はあったけれども)。PS3版はこのイベントにショパンが直接介入してきて、さらに360版とはおみくじの結果が変わっている。おかげで少なくとも「これまでとは何かが違う」ことだけは分かるようになった。

 イベント後、フォルテが鉱封薬製造のために開発を進めているロック山へ行き、入り口でセーブし終了。上のCGはオープニングのスクショを加工。

ニコニコ生放送 | trackback(0) | comment(0) |


2010/02/26 (Fri) トラスティベル~生放送メモ5 ch.64-70+

Eternaldolce1.jpg

ストーリーは6章に突入し佳境へ。詳しくはWikiを参照。

ハーモニーチェイン無双開始 牡丹雪の森チェレスタ~氷の神殿アリア

 前回敗北したドルチェ戦(3回目)から。ショパンの回復技「スピリッツブレスウェイ」を装備して挑んだものの、上手く使いこなすことができないまま10戦近く負け続ける。1時間近くかけてようやく撃破し、戦利品として「魔狼の首飾り」をゲット。このアクセは装備するとそのキャラの攻撃ヒット数が2倍になり、手数の多いキャラに装備をさせるとあっという間にエコーがたまる。マーチなら1ターンでハーモニーチェインに必要な24エコー以上を獲得できるため、エコーに気を配る必要がなくなった。おかげでハーモニーチェインを使い放題。これなら発動後のボタンシャッフルにも早く慣れることができそう。これまでは慣れようにもハーモニーチェインの発動自体が意識してないとできなかったから(ついつい必殺技につなげてしまいエコーリセット)。

 牡丹雪の森チェレスタを抜け、氷の神殿アリアへ。ここでは2Fの敵を一掃すればビオラのバースト武器が手に入るということなんだけど、あと少しというところでうっかり1Fへの階段を下りてしまいおじゃん。ビオラは一番好きなキャラなので取っておきたかったけれども、生放送であまりダラダラとやるわけにもいかず。諦めて最上階へ行きロンド戦。道中のハーモニーチェイン無双とは打って変わって、ここではビオラの遠距離弓に頼ってクリア。3回ほどビオラを外して近接ハーモニーチェインで倒そうと試みたんだけどダメだった。この場合は敵に状態異常がかかるかどうかっていう運要素が大きいんだけど、ビオラの遠距離弓はそんなのお構いなしの破格ダメージで。

参考 ドルチェ3戦目の英語版動画 ロンド戦の英語版動画

※上のいわさ○ちひろさん風ドルチェ画像は1戦目のカットインスクショが元ネタです。

ニコニコ生放送 | trackback(0) | comment(3) |


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。