--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/10 (Mon) Androidカメラアプリのアイデア募集中

20111010-224814.png

学校の自由制作(卒業制作)でカメラアプリを作ることになりました。
最終的な目標はアートフィルター・ドラマチックトーンを再現すること(笑)

未だカメラの基本的な機能の部分で試行錯誤段階ですので、
カメラアプリに対するアイデアや意見がありましたらお願いしますm

スキル的にほとんど実現できない可能性がありますが、
可能な限り頂いたアイデアは実現させるよう努力します。

下の続きを読むで設定用のアクティビティのコードの一部が表示されます。
端末ごとに異なるフォーカスモードの設定値を取得してスピナーに表示させるプログラムです。
選択項目を文字列で受け取りインテントでメインアクティビティに飛ばすという仕様になっています。
(解説は省きます。赤字の部分がカメラごとに異なる設定値を取得するコード)


Camera camera = Camera.open();
Camera.Parameters params = camera.getParameters();
// スピナーのセット
ArrayAdapter<String> adapter1 = new ArrayAdapter<String>(
CameraSetting.this, android.R.layout.simple_spinner_item);
adapter1.setDropDownViewResource(android.R.layout.simple_spinner_dropdown_item);
List<String> supportedFocusMode = params.getSupportedFocusModes();
if (supportedFocusMode != null) {
   for (String sfm : supportedFocusMode) {
       if (sfm.equals(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_AUTO)){
        adapter1.add("auto");
       }
       if(sfm.equals(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_EDOF)){
        adapter1.add("edof");
       }
       if(sfm.equals(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_FIXED)){
        adapter1.add("fixed");
       }
       if(sfm.equals(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_INFINITY)){
        adapter1.add("infinity");
       }
       if(sfm.equals(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_MACRO)){
        adapter1.add("macro");
       }
   }
}
Spinner spinner1 = (Spinner) findViewById(R.id.spinner1);
spinner1.setAdapter(adapter1);
spinner1.setOnItemSelectedListener(new AdapterView.OnItemSelectedListener() {
public void onItemSelected(AdapterView<?> parent, View view,
int position, long id) {
Spinner spinner = (Spinner) parent;
FocusMode = (String) spinner.getSelectedItem();
}
public void onNothingSelected(AdapterView<?> arg0) {
}
});

プログラミング | trackback(0) | comment(0) |


<<ドッペルニャンガー | TOP | 北野天満宮参道>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/621-78664b86

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。