--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/22 (Sun) 主要プログラミング言語の分類(プログラミングの基礎 Part1)

コンパイラ言語
(プログラムをマシン語に翻訳する際コンパイラを介す)

 FORTRAN(1954年)
 ALGOL(1958年)
 COBOL(1959年)
 BASIC(1963年)
 C言語(1972年)
 C++(1983年) オブジェクト指向
 Visual Basic(1991年) オブジェクト指向(Ver.7以降)
 JAVA(1995年) オブジェクト指向
 C#(2000年) オブジェクト指向

 1983年、手続き型(手続き指向)言語である「C言語」にオブジェクト指向の要素を取り入れた「C++」が登場。1995年にSun MicrosystemsがC言語・C++をベースに改良した「JAVA」を開発。MicrosoftもVisualBasicをオブジェクト指向に作り替え、C#(2011年)を投入した。

※オブジェクト指向
システム全体を、データと手続きを備えたオブジェクトの集まりとしてとらえる考え方。処理手順を中心に考える手続き指向とは異なるアプローチとして登場した。
(中略)
オブジェクト指向には「カプセル化」「継承」「多義性」という3つの要素がある。
(『日経パソコン用語辞典2009』日経BP社)


スクリプト言語
(プログラムをマシン語に翻訳する際インタプリタを介す)

 Perl(1987年)
 Python(1991年)
 Ruby(1993年)
 JavaScript(1995年)
 PHP(1995年)

 「実行速度が遅い」「可能な処理が限られる」等の理由で用途が限られていたがPerlの登場で流れが変わる。テキスト処理に長けているのでWebプログラミングを中心に利用されている。

【参考】
『プログラミングの入門書』(日経BP社)
『日経パソコン用語辞典2009年』(日経BP社)
Wikipedia


次回は「主要プログラミング言語の特徴」

プログラミング | trackback(0) | comment(0) |


<<主要プログラミング言語の特徴(プログラミングの基礎 Part2) | TOP | JAVA 5日目 復習用(._.)φ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/488-3dbf2a30

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。