--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/24 (Fri) ゲームプレイメモ「FFT」

 イベントバトル「スウィージの森」をクリア。この強制バトルでの敵(ボム&ゴブリン)のレベルは10。こっちのレベルに合わせて変動する様子。ランダムバトルでは鍛えられないディリータとアルガスはレベル2なのに、5倍のレベル差があるモンスターと互角に渡り合っていた。ゲストキャラってかなり優遇されているのか? それともこのゲームはレベルにあまり意味がないのだろうか。

 その後、スウィージの森でキャラ育成。効率を考えて全員に「取得JpUP」(見習い戦士250p)をつける。以下、その育成結果とメモ。



1)このぬし(LV.15)モンク(見習6→ナイト6→モンク2)
 アビリティ→拳術、アイテム、装備武器ガード、取得JpUP、Move+1

2)シンジ(LV.14)モンク(見習4→ナイト4→モンク5)
 アビリティ→拳術、アイテム、装備武器ガード、取得JpUP、Move+1

3)アスカ(LV.15)黒魔道士(アイテム2→白3→黒3→陰3→時4→黒5)
 アビリティ→黒魔法、白魔法、MPすり替え、取得JpUP、MP回復移動

4)レイ(LV.15)黒魔道士(アイテム2→黒3→白4→時4→陰3→黒4)
 アビリティ→黒魔法、時魔法、MPすり替え、取得JpUP、MP回復移動

5)マリ(LV.13)ナイト(見習3→弓4→シーフ4→アイテム3→ナイト3)
 アビリティ→基本技、オートポーション、取得JpUP、Move+2



 シンジがモンクになって「拳術」の使い勝手の良さ(必殺技や回復をMP・ターン消費無しで行える)が分かったので、前衛キャラ(このぬし・シンジ・マリ)はとりあえずモンクを極めることに。上記以外に召喚士や話術士、竜騎士なんかも出現したけど、武器が売ってなかったり、MP消費が激しくて使い勝手が悪かったので現段階でチェンジするのは得策ではないと判断。

 後衛はキャラグラが気に入ったので黒魔道士。「MPすり替え」(時魔)は攻撃ダメージをそのままMPで代用するというもの。発動するとすぐにMPがゼロになってしまうが、移動する度にMPが6(ファイア1回分)前後回復する「MP回復移動」(陰陽師)と組み合わせることでカバー。基本的に待ち伏せ戦法をとるので、その間に時魔法のヘイストと白魔法のプロテスを見方全員にかけておく。

 「オートポーション」(アイテム士)は使える。他キャラの反撃アビリティが微妙だったので、頑張ってAPを溜めた甲斐があった。ゴールドは現段階で10万円近くあるのでポーションは買い放題。後衛にも憶えさせようか思案中。前衛の反撃スキルは「ハメドる」(モンク1300)を狙っている。

【MEMO】
 見習い戦士の「ためる」は経験値(10固定+Ap多)が入る
 竜騎士のジャンプ攻撃でもカウンタは食らう
 時魔法と白魔法はかなりミスする
 黒魔法は必中?

ゲーム | trackback(0) | comment(0) |


<<「DQ9」すれちがい通信 | TOP | ゲームプレイメモ「FFT」「DQ9」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/48-7adca913

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。