--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/16 (Thu) 芥川賞 磯崎憲一郎「終の住処」について

圧倒的な文圧
          [写真]受賞作の無改行による文圧

 せっかく読書カテゴリを作ったのに何も書いてないのでタイムリーな芥川賞についてグダグダと。第141回芥川賞は磯崎憲一郎「終の住処」(「新潮」6月号)に決定した。一応「新潮」に発表されてからすぐに読んだんだけど、内容は忘れた。読書ノートを見返すと、箇条書きで「視点は三人称だけど中身は私小説」「作者は倦怠期を迎えたおっさん?」「改行がないので息が詰まりそう」「20世紀の最大の発明品は抗生物質」「オチがスーパーリアリティ」と書いてある。この走り書きを見ながら作品をぱらぱらめくっていると、徐々に記憶が蘇ってきた。恋愛に失望し熟年結婚した夫婦が結婚早々倦怠期に突入。男は夫婦関係に違和感を憶えつつそれを拭い去ろうと仕事に精を出す。娘が生まれる。それでも仕事。仕事に失望。人生ってやっぱり家族あってのものだね。……とかいって家に帰ってみれば、浦島太郎。いつの間にこんなことになってるんだ!?……確かこんな話だったと思うw なぜか菊池寛の『父帰る』を思い出した。どっちもその時代における日本的な話って意味では似てるのかも知れない。改行云々は上の画像を参照。といっても、普段はこれくらいの無改行なんて気にしないのだけど、この作品は文体がハードだったのと緊張感があったのとで息苦しく感じた。受賞インタビュー(※1)でもこの点に触れている。基本的に私小説は趣味に合わないので評価は厳しい。陰鬱なものはなおさら。その関係で、メディアに出てきた作者がダンディな二枚目で驚いた。俺のイメージする私小説作家とは違う。そこが三人称一元視点の違いってヤツなのかw オチがスーパーフラットというのは、「あるあ、ねーよ!」的なものだということ。文学としてはありがちだが、現実には無い(と思う)。ただし山田詠美の発言(※2)を見るとこの辺を含めて評価されているようなので、俺の人生経験が不足しているだけなのかも知れない。とりあえず全ての選評を読んでみたい。

 他の候補作で気になっていたのは本谷有希子の「あの子の考えることは変」(「群像」6月号)。演劇畑から出た若手実力派美人作家で現在スター街道ばく進中(褒め殺しではないよw)。受賞作とは正反対の「獣臭い」(※3)作品なんだけど、これで受賞を逃したのは正解だと思う。これなら前回候補になった「生きてるだけで、愛。」の方が面白かった。舞城のセカチューパロディ「好き好き大好き超愛してる。」が候補になった時も同じ事を感じた。ただ「好き好き」は今年になって「第2回大学読書人大賞」(※4)を受賞した。舞城ならもっと良いのある気がするんだけど……分からないもんだ。

※1 「意識して、意地でも改行しないぞというわけではないです。実際、ぼくらの生活している時間というのは、均等に流れているのではなく、もっとむらがある。ふつうここで改行するだろうという部分はありますよね。校閲からも『ここで改行しなくてもいいんですか』と問い合わせがあったりする。でもあえて改行したくないんです。法則があるわけではないんですが」(「産経新聞」)
※2 「インテリジェンスだけで押しているとか、どうせ私的に文章を構築し、ここまでやるならもっと具体的なものを出してほしいとの声もあり、賛否両論あった。だが、小説としてちゃんと言葉を構築している。時間軸も考えた、小説としての小説だった。時間軸を自分のリアルタイムの時間ではなく小説的にたくらんでいるところに評価が集まった。小説でしかありえない言葉があった」(「産経新聞」)
※3 「群像」6月号(講談社)143p
※4 
http://www.jpic.or.jp/dokushojin/

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<デブリーフィング | TOP | 「ドラクエ9」のメタルスライム>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

初めまして、先日は「大黒屋鎌餅」にコメントありがとう御座いました。
また、桑名の安永餅の情報ありがとう♪

しかし「終の住処」、凄い文字の圧力ですね!!
目を離すと、どこまで読んだか分からなくなります!
意識して書かれている以上、何も言うことはないのでしょうが、私は買いません。

もっとも新刊は、「いま、会いにゆきます」以来買ってませんが^^

2009/07/17 12:00 | ネット [ 編集 ]


 

 ようこそ!
 大黒屋鎌餅はまだ買いに行けていません>< 来月帰省するので、安永餅はブログで紹介したいと思います。

 改行しないことで、本にした時かさばらないってのはいいかもしれませんw ただ、やはり会話くらいは改行して欲しいですね。

 新の話ですが、僕は逆に本を買いすぎて置き場が無くて困っています……。

2009/07/17 18:18 | 此ぬし [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/39-20386a5e

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。