--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/17 (Thu) ファイナルファンタジー13 ファーストインプレッション

ff13package.jpg

 本日10時過ぎにミドリ電化円町店のゲーム売り場で購入。レジは10人程度の列。7380円でした。ついでにワゴンに入っていたPS2版の『ヱヴァンゲリヲン:序』も。こちらは生放送でやっていきたいと思います。

 途中学校へ行っていた関係で進行状況はまだ序盤(体験版+α)。体験版とは若干構成が違っています。戦闘もスピーディーになっていて、心持ちローディング時間も短縮されているような気がします。このレベルならバトル導入はシームレスと言っていいでしょう。

 コクーン、ファルシ、パルス、といった専門用語が難しいという話もありましたが、「オートクリップ」というメニューコマンドで用語集やストーリーのあらすじを逐一確認することができるためまったく問題ありません。オートクリップはさらにモンスター事典やチュートリアルを兼ねていて大変重宝します。ブラウン管だと文字が小さくてキツイですが、液晶なら問題ないはずです。会話はオートトークというシステムで、人に近づいたら自動的に話が始まります。また、パーティメンバーも道中であれこれ話しかけてくるのですが、このシステムはサラウンドが活かされていて楽しいです(背後から声を掛けてくる感覚が)。

 戦闘について。今作ではメインキャラが戦闘中に死亡したらゲームオーバーになるのですが、「リスタート機能」というものがあって、負けそうになればその戦闘の直前からやり直すことができます(戦闘中にスタートボタン→セレクトボタン)。リスタートは戦闘評価を上げたい時にも使えます。戦闘評価を上げるとレアアイテムのドロップ率が上昇。サガシリーズのように戦闘毎にHPが全回復するのも助かります。

 残念なのは装備品が武器とアクセサリーしかないこと。防具などは次世代機になるとグラフィックに反映させないと不自然になるため難しいんでしょうか。そのあたりの要素はセガのハードボイルド着せ替えRPG「エンドオブエタニティ」(PS3/360 2010.1.28)に期待します。ただ、やっぱりステータス画面に防御力や素早さといった見慣れたパラメータが無いのは寂しく感じます。

 まだ序盤で戦闘や装備についてもやれることが限られてますがかなり楽しいです。以前どこぞの記者の「序盤がかったるい」という趣旨を含む記事を紹介しました。ここまでプレイした(&説明書を読んだ)感じでは、逆にRPGにありがちな「かったるさ」を極力取り除いたゲームデザインをしているという印象を受けます。長い時間待った甲斐がありました。帰省までには一通りクリアしたいので、続きをプレイしてきます。

ゲーム | trackback(0) | comment(2) |


<<FF13 装備改造についての走り書き | TOP | 親知らずをボリボリ齧りながら (左下親知らず抜歯)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

初コメ失礼します。

FF13を買ったんですか・・・。
あのグラフィックは本当に反則ですよねw
来年には買いたいです。まずPS3から・・・

初コメ失礼しました

2009/12/17 20:44 | みゃぁ [ 編集 ]


 

おおいらっしゃいませ!
テイルズ実況で声と考え方に惚れました。
プリレンダムービーは他の追随を許さない感じです。
エメリッヒの映画を見てるような感覚w

2009/12/18 00:15 | 此ぬし [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/213-eb340575

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。