--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/22 (Sun) 「SAW6」を観てきました。

 SAWのシリーズテーマ 「人間は死に直面しないと生の価値が分らない」

 ついさっき「SAW6」を見てきました。0時15分~というレイトショーです。
 記憶が鮮明なうちに所感を書いておきます。ネタバレ無し(のつもり)。


 どんでん返しとゴア描写でお馴染みのソリッドシチュエーションスリラー最新作。例によってこれまでの作品と時間軸がクロスしまくるので、シリーズの流れを把握していないとついて行けない可能性が高いです。初見だと何の説明もなく次々と出てくる登場人物に「こいつ誰?」、随時挟まれるフラッシュバック的な回想シーンに「今の何?」の連続になるかと。

 配給側もその辺りを考慮して、作品の冒頭に「SAW集編」という1~5のダイジェストムービーが流れることを売りにしています。ですがこの総集編、駆け足過ぎて何が何だか分りません。これなら登場人物の紹介をした方が良いような・・・(何もないよりはマシなのか?) さらに制作側も意識しているようで、ゲーム参加者の背景がこれまでより丁寧に描かれています。本筋の「こいつはこんな悪いことをした→だからゲームに参加して罰を受けなければならない」という流れは同じですが、新たに登場する人間関係が分りやすくなったのは助かります。かといって、やはり初見で楽しめるかどうかは微妙ですがw

 上に書いたシリーズテーマですが、毎度のようにジグソウの回想を入れてアピールしてますが、ゲームプランナーがアレなのでこんなのはクソ喰らえみたいになってます。ゲームの内容もアンフェアかつサディスティックな傾向が強いです。まぁアンフェアに関しては、人生ってそんなもんですからね。ゴア描写は3~5より緩和(冒頭は相変わらずですがw)されて一安心。

 残念だったのは本来のプレイヤーのゲームが、当事者の置かれた状況のせいでまともに機能していないこと。結局ゲーム内容は無視して感情だけで決めてしまったように見えました。いや、正確には把握できていたのかも知れませんが、そのように解釈できる描写がありませんでした。これもアンフェア同様、人間は極限状況だと理性より感情が勝ちそうなので、リアルだと言えなくもないですが。アンフェアと言えば、どんでん返しのミスリードの仕方。母親の「○○のせいよ」(微バレなので反転)って台詞は反則ですw

 あと、背景知識としてマイケル・ムーアの「シッコ」を先に見ておくとより入り込めるかと。アメリカは日本のような国民皆保険では無いので、保険会社の果たす役割は重要なのですが、実情は・・・というお話。今回のゲームと、ジグソウの動機の一端を担う要素になってます。

 最後に、シリーズを通して見ていてどうするか迷っている人は行くべきです。これまでの伏線がかなり回収されます。あの子の手紙や、彼の遺品など。ただ、SAW7はメガネ泣かせの3D映画と言うことで・・・まいったなぁ(^^ゞ

映画・音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<生放送 シュタインズゲート体験版 8時間 | TOP | イングロリアス・バスターズ 公開>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kononushi.blog46.fc2.com/tb.php/192-f00122d0

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。